ラン




シラン

シランです。左から2枚の写真が、斑入りの白シランです。葉に斑が入るため、芽が出始めた頃の様子が気に入っています。右側は、少しわかりにくいかもしれませんが、青のシランです。(中央の花。白花と比較して写真を撮りました。)青花と青花を交配した実生株です。


シランいろいろ

青花シラン
シランの青花 普通のシランとの比較 シラン(白)との比較
ピンぼけでわかりにくいですが・・・・・・


黄舌のシラン
上段左写真が黄色い舌のシラン。上段右が普通のシランです。


黄花シラン



画像ではわかりにくいかもしれません。薄いクリーム色の花のシランです。


白弁黄舌シラン



白弁黄舌です。蕾の時と開花したすぐは黄色が強く、「こちらが黄花シランなのでは?」と考えさせられます。
三舌シラン



舌が3つあるシランです。



シランの種まき

植物の種子は、大きく分けると有胚乳種子と無胚乳種子に分けることができます。
発芽や初期生育に必要な養分は、有胚乳種子の場合、胚乳に、無胚乳種子の場合は子葉に存在します。
ラン類の種子は無胚乳種子ですが、子葉が未発達なために自然界では発芽・生育するには共生菌(ラン菌)が必要であるといわれています。そのためラン類の発芽には無菌播種を行なうようになってきました。
今回、ランの中でも比較的丈夫なシランを無菌播種でなく発芽・生育することに挑戦しました。
播種には、かいわれ栽培で利用したペットボトルを使用します。
内側のペットボトルにティッシュペーパーを敷き、外側のペットボトルには8ml/lのハイポネックス液を入れます。ティッシュペーパーが十分ハイポネックスを吸収したらその上に種を播きます。(これだけ)
11月12日播種直後の様子



11月28日の様子です。
種子が緑色になっています。シランの種が発芽した様子です。
(見えにくいので画像を大きくしました)

12月20日の様子。

左側は、表面に雑菌が繁殖してしまいました。このままでは、発芽した種子がダメになってしまうとおもい、ティシュを変え発芽したシランを移し替えました。右側写真。さて、これからどうなるでしょう?