野菜




アスパラ(ここを食べてみた)


2013年5月12日

この時期アスパラはたくさん収穫できます。
採れたてのアスパラは大変おいしいです。

アスパラは、採るだけではダメで次の年の収穫のために、茎や葉を伸ばして育てることも必要です。

そこで・・・ある考えが浮かびました。



左は、収穫せずに成育させているもの。


右の写真の黄色で囲んだ部分は食べられるのだろうか。
      →



何本か収穫をして、茹でて食べてみました。
特に変わったことはなく、普通に食べられました。(まあ、当然かな)

たくさんの量で食べると、ちょっとしたおつまみになるかも・・・



アスパラ

アスパラガスの種をまいて7年目(2005年時点)になります。5月に種をまいて1ヶ月以上も発芽がなく、何の変化がないので「水をきらしてしまったのか?」と心配しました。何かの本で発芽までずいぶんと日数がかかることを知り、あきらめずに頑張っていると播種後40日程度で発芽が見られりました。苗を庭の片隅に植え収穫を楽しみにしていまいしたが、2年ほどは出てきたアスパラが細く、小さく食べるほどのものを収穫することができませんでした。
 収穫は3年目ぐらいから。出てきたアスパラのうち数本残し大きく成長させ茎が枯れ込む冬まで生育させ、枯れたら根本から切り、堆肥(市販)を20Kg敷きつめます。私の管理は毎年このくらい。後はほったらかし。夏場は枝葉が茂りすぎるので、じゃまにならないようにまとめる程度です。ここ2、3年は満足できる収穫になっています。少々長くなっても十分柔らかく味も最高!



アスパラは、夏の間少し葉をのばし生育させた方が、来年の収穫に向けて良いとのこと?(家庭園芸仲間から聞いた)なので、何本かを収穫せずに残し生育させています。写真左は7月3日。右側は8月25日の状態。




左側写真は左が12月3日。右側が12月18日の様子です。ずいぶんと黄色くなりました。



12月22日に刈り込んだアスパラをアスパラを植えている場所に敷きつめその上から堆肥を敷きつめました。



1日1日暖かさを感じるようになってきた3月、アスパラが私の前に現れるようになりました。
左3月12日、右3月25日。どちらも数日後には収穫し食べました。



4月12日。ここ2,3日の雨の影響なのかアスパラがものすごく成長していた。日が暮れてきたので急いで収穫しました。少し長くなりましたが、この程度だとまだ柔らかく十分おいしくいただけます。(これまでの経験)