オモシロ園芸




ラッパスイセンの花が早く咲く!


チューリップやスイセンなどの球根植物は、植えつける前に球根を冷蔵すると花が通常よりも早く咲くということを聞いたことがあります。ラッパスイセンで2002年に実際にやってみました。
(※これは九州北部での栽培です。)


7月22日球根の冷蔵開始(約10℃)し、9月12日(冷蔵50日)と10月3日(冷蔵71日)に植えつけた。栽培は無加温のハウスで栽培。

11月28日
左の写真は9月12日植えつけた球根。右は10月3日植えつけた球根。左は芽出しの様子も見えないが、10月3日植えつけのスイセンには、よく見ると花のつぼみのようなものが見れる。

12月27日
10月3日に植えつけた球根はほとんど開花した。早いものは12月にはいるとすぐ開花したものもあった。9月12日植えつけた球根は地上部に少し葉が見えてきた程度



ラッパスイセン栽培表

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 作型
通常
球根堀あげ 球根植えつけ
冷蔵
球根冷蔵 開花
球根を70日程度冷蔵したラッパスイセンは、通常に比べずいぶん早い開花でした。9月12日に植えつけたものは、9月上旬では、九州地方はまだ気温が高くラッパスイセンの生育に影響があったと考えられます。(何かの本で読んだ)


4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 作型
冷蔵2
球根堀あげ 球根冷蔵 開花
同じ球根を12月4日まで冷蔵し(冷蔵130日)植えつけた。左側の写真は植えつけ時の様子。鉢は4.5号。右側は、12月27日のスイセンの様子。すでにつぼみが確認できる。すぐ上の表がこの時の栽培表。
12月4日に植えつけ、1月上旬には花が咲いた。植えつけから花が咲くまで約1ヶ月。大変なはやさだ。実はこの時同時に約20℃で、数鉢栽培した。いくつかは12月の22日には、花が咲いてしまった。花が咲くまで18日間。