オモシロ園芸




塩ビパイプでゴボウ栽培


家庭園芸で栽培面積の少ない私は、狭いスペースでいろんな野菜が栽培できないか考えてきました。今回は長く伸びるゴボウを塩化ビニールパイプで栽培できないかやってみることにしました。

ホームセンターで販売されている塩化ビニールパイプ直径65mmを使用。長さを65cm〜70cm程度にカット。底面部は土が流れ出さないように使用済みのビニールポットをかぶせ、針金で固定しました。この塩ビパイプの中に栽培用の土を詰め込み準備完了。
5月26日



5月26日に播種し、早いものは6月2日に発芽しました。この時期は、こまめに水まきをしました。(乾燥しないよう)



6月23日のゴボウの様子



7月15日の様子。乾燥が早いのか、伸び出した葉が良く枯れていました。思った以上に大きくならないような気がしていました。

8月10日 8月10日 8月15日 8月15日


9月24日の様子。葉の枚数も伊あまり増えず(枯れたり、虫にかじられる)なかなか大きくならない。



10月28日の様子。
いよいよ収穫しようと思います。葉がなかなか大きくならなかったので、9月以降液体肥料や、市販の化成肥料を少しやりました。

10月28日
収穫前の様子です。塩ビパイプのそこのビニールポットを取り外すと、上段右写真のように根がいっぱいに張っていました。


栽培した3本の塩ビパイプのうち、2本を収穫しました。太さは人差し指くらいの大きさで長さは40cmぐらいです。少し細いような気がします。奥様に報告すると「どうやって調理しようか?(細すぎる)」と一言。



土の袋でもゴボウ栽培



5月27日。100円ショップで購入した鉢置きを使用し、園芸用の土の入っていた袋を固定しゴボウの種を播きました。






6月23日の様子。種まき後1ヶ月の様子です。

7月15日 8月10日 8月15日 9月24日




7月〜8月にかけては、葉が大きくなり始めたかな?と思うと、枯れたり(水切れ)や虫に食べられたりと思うように成長しませんでした。

収穫したゴボウは、塩ビパイプで栽培したものより少し大きいかな?
10月28日収穫 収穫したゴボウの様子







omosiro_ninjinn.htmlへのリンク