野菜





ナス栽培 更新剪定 2014

「ナス栽培 2014」で栽培したナスを剪定し、秋ナスに向けて栽培することにしました。



8月16日のナスの様子。
8月上旬頃に枝や葉をほとんど切り落としました。下段「ナス栽培2014」の7月27日の様子を参考にしてください


8月28日の様子。下の方から出てきた芽や枝を取りました。

     
    

9月12日の様子。(上段)
収穫できるくらいに大きくなったので収穫しました。



剪定後は、8月28日に芽や枝を整理した以外は、ほとんど手を入れていません。
     




ナス栽培 2014



これまでナスは、たくさん栽培してきましたが、記録に残すことがなく(写真を撮っても成長の様子や管理の様子がわかりにくい)更新もしてきませんでした。久しぶりに記録を残すことにしました。





2014年5月3日ナスを植えました。これまでの経験から、接ぎ木苗が栽培しやすく収穫も確実にできるので今回も接ぎ木苗で栽培することにしました。(苗は2本です)




5月24日

定植から3週間後の様子です。葉の枚数も増えています。


 
6月1日の様子

これから伸ばす枝や芽を決め、下方の葉や芽を切り取りました。

      ←  作業前     作業後  →
 

   
 
6月14日の様子です。気温も上がり、生育のスピードも早くなったような気がします。小さなナスを見ることができるようになりました。 


 
   
   
 

6月23日の様子です。

この時すでに何本かを奥様が収穫し、夕食に使用していました。

収穫した写真を撮れなくなるといけないと思い、すぐに収穫し、撮影しました。

 
   
 

   
     
6月26日の様子です。雑草を取り除きました。現在見えているナスを収穫後、枝が混んでいる部分を少し整理しました。(枝を切りました)
 

   
 

7月27日の様子です。

上段画像の状態から1ヶ月間、家庭で食するには充分な収穫がありました。現在見えているナスを収穫したら、秋ナスの収穫に向けて更新剪定の予定です。

 
     
     





トマト、ナス栽培


4月17日トマトとナスの苗を定植しました。今年は雑誌「現代農業」に掲載されていた『有機物マルチで土ごと発酵』を実践するために、庭に生えた雑草や落ち葉、もらった稲わらやモミガラを定植した苗の回りに敷き詰めました。
 
   
  「土ごと発酵」
『未熟な有機物を、土の表面・表層に施用し、発酵によって土の団粒化をはかる方法である。』
【現代農業(農文協)平成16年10月号】


5月22日の様子です。これまでに行った作業は、支柱立てとトマトのわき芽摘み程度です。
水やりは気が向いたとき適当にやっています。生育の良い株には、トマトの実がついています


6月5日トマトの様子です。トマトの実もなり始めました。あとは赤くなるのを待つだけです。
やや芽つみが遅れがちですが、何とか育っています。
ナスも大きくなっています。収穫が楽しみです。


トマト(左)は6月13日の様子。トマト(右)は、6月19日。
ナスは、3本仕立てで、栽培しています。少しずつ収穫できるようになってきました。



秋ナス
ナスは2本栽培していましたが、家庭で使うには十分な量が収穫できていました。(写真左) 秋まで収穫をするために更新剪定を行いました。(写真中央・右)秋ナスが楽しみです。更新剪定の時期は、7月下旬〜8月上旬。

8月の上旬に更新剪定をおこなったナスの様子です。(9月23日) 今のところ思ったより生育は良いとは思えません。まだ4本くらいしか収穫できていません。



ナスの更新剪定2007

上段秋ナスでは、2005年に更新剪定をおこないましたが、あまりうまくいきませんでした。そこで今年もチャレンジすることにしました。今年は長ナスを2株栽培しています。
今年は、家庭で食べる量としては満足でしたが、以前栽培したときの収穫と比較すると「少ないかな?」というかんじです。8月5日に上段写真のようにばっさり枝を切り落としました。4本程度枝を残し切り落としました。

2本のうち左側の株の剪定後 右側の株の剪定後


8月15日の様子 8月25日の様子


9月24日の様子 9月24日の着果の様子

9月に入って剪定したナスが少しずつ収穫ができるようになりました。満足!!




11月13日のナスの様子。

まだまだたくさん収穫できています。