100円ショップの
              コンテナで栽培



コンテナの準備

ミニトマト

2010年 新しい栽培法に挑戦

2006年からコンテナでミニトマトの栽培をしていますが、自分なりに満足いかない点がいくつかありました。
1.コンテナ栽培で長くなる茎を固定する支柱が立てにくい。
2.実はつくが、数が少ないような感じがする。
3.収穫前に割れてしまう(裂果)ものが多い。

そこで、次のような栽培をやってみることにした。
 
「花がついたら芽を止める。わき芽も同様に花がついたら芽を止める栽培」
理由は次のとおりです。
  理由@ 長くなる茎を短くする。
  理由A わき芽を多く出し、それぞれに実をつける。(たくさん実が採れるのでは?)
  理由B 芽を止めることで「栄養成長」から「生殖成長」へ切り替える。(たくさん実が採れるのでは?)
  理由C たくさん実がつくことで実が割れるほどの勢いがなくなるのではないか?




4月24日の様子
まだまだ花は咲いていません。

順調に生育しています。



5月3日の様子
この頃から花が咲き始めました。

花が確認できたら、その先に伸びる芽をつみ取ります。



5月15日の様子

芽を取るとわき芽が出てきます。

6月12日 7月4日 7月4日

7月9日 7月11日 7月11日
7月11日現在では収穫量は、これまでより多いような気がします。大きさはこれまでよりも小さ目ですが、食べるのに全く問題はありません。

上部写真ではわかりにくいですが、わき芽がたくさん出ているので支柱から何本かのヒモでつるしています。(たくさんわき芽が出ている様子がわかりにくいのが残念です。)

わき芽がたくさん出ますからその処理(誘引など)が大変です。

(注意:見解はあくまでも個人的なものです。生育状況や収量を保障するものではありません)



2006年(初めてのニニトマトコンテナ栽培)

 シシトウが100円ショップのコンテナで順調に生育していたので、「これならミニトマトもできるかも」とミニトマトの栽培をやってみようと考えました。(6月中旬) しかし、この時期すでにホームセンターでもミニトマトの苗はなく、種から苗を育てるのも時間がかかるのでどうしたものかと悩んでいました。そこで、露地で栽培しているミニトマトのわき芽をつかい、挿し芽をして苗を確保することにしました。



6月24日、栽培していたミニトマトのわき芽をとり、挿し芽をしました。


7月23日にコンテナに定植をしました。挿し芽の苗は、だいぶん前に発根していたので、もう少し早めに植え付ければ良かったかなと後悔しています。



8月20日の様子。(定植1ヶ月後) コンテナの下から根が伸び始めてきました。





写真左は、8月29日の様子主茎が伸びてきたので支柱を立てました。実もつきましたが赤く色づくでしょうか?


順調に成長していたミニトマトですが9月17日の台風13号で無惨な姿に。何とか一つだけ収穫することができました。(写真右端)



2007年



昨年度の栽培でミニトマトは充分栽培できそうな感触を得たので、今年はホームセンターで苗を購入し栽培することにしました。
4月8日

4月29日


5月20日
順調に生育。既に実もついています。管理はわき芽とり程度の作業です。



6月2日



6月7日 少し収穫



6月16日の様子





7月15日の様子

ミニトマトを上段まで収穫し下の方がスカスカになってきました。支柱の高さよりもミニトマトが伸びてきたので伸びた茎を下にさげ、全体を低くしました。