花




ホトトギス


土佐ジョーロホトトギスです。
写真左側が、6月6日の様子です。右側が10月15日。

ここ3年ほど全く植え替えをしていません。管理は、エビネを管理している棚で行なっています。(遮光している)日常の管理は水やり程度なので、毎年葉が病害虫で少し枯れてしましますが、毎年花を咲かせてくれます。

上段左が土佐ジョーロホトトギスの花
上段右側がコハクホトトギスの花


右側が10月15日のコハクホトトギスの様子です。


タイワンホトトギスの草丈を短く楽しむ
タイワンホトトギスを地植しています。しかし、タイワンホトトギスは花が咲く頃は草丈が非常に高くなり、姿が乱れてしまうので、何とか短い草丈で花を咲かせたいと考え、7月に思い切って短く切り込みをしました。その後の生育の様子です。
7月10日(切り込み前) 7月10日(切り込み直後)
7月24日 8月5日 9月24日
10月15日 10月15日(つぼみの様子) 10月23日(開花の様子)


植え替え
(土佐ジョーロ、コハク)





土佐ジョーロホトトギス、コハクホトトギスは、垂れ下がる性質があるので高さのある鉢に植え付けています。用土は桐生砂、鹿沼土の単用で植え付けました。根茎は、一つ一つが独立していて株には古い根が枯れた状態で残っているので全部取り除き植え付けました。
(2007年3月)


山野草の栽培には山野草イラスト栽培入門―鮮明な図解・解説300種の完全攻略法がオススメです。私もこの本を参考に栽培しています。