ラン



ホシケイラン(ガンゼキラン)

ガンゼキラン(岩石蘭)
暖地性の大型種で、角ばった大きなバルブが岩石のようであることからこの名がきている。草丈40〜60cm、葉も広大で花期は5〜6月、淡黄色の美しい花茎5〜6cmの大輪の花を5〜10個つける。
ホシケイラン
ガンゼキランの葉の変異種で、葉面全体に黄白色の小さな丸い斑点が入る。花、葉形、自生地などガンゼキランと同じ。
                                          『野生らん 沖田好弘著 保育社』





我が家のホシケイランです。この写真は、2005年5月のものです。この後花のつぼみは、見事にナメクジの食害にあい、花を見ることができませんでした。


右と下の写真は2006年6月3日の写真。

今度は、ナメクジの食害に気をつけて管理しました。見事に花をつけてくれました。

上記に「ホシケイラン」の説明を記していますが、この花の色は『白色』なのです。

3年程前に、知人からもらったものですが、びっくりしました。



ホシケイラン 2013年

ミズゴケで植えていたホシケイランの葉が枯れていたので、「植え替えが必要なのか?」と思い植え替えを実行。
株を鉢から取り出した時の様子です。バルブ(?)の根元から新芽が出ているのがわかります。