オモシロ園芸




エンゼルストランペットの挿し木


もともと生育旺盛な植物ですが、挿し木を行う場合、挿し木の大きさ(太さ)によって発根の状況が違うのかちょっと調べてみました。(何年か前の調査です)
下の写真のように挿し木の直径が2.3cm以上のもの、1.5cm〜2.3cmのもの、1.5cm以下のものに分けて挿し木をしました。さし床は長い間雨ざらしにしてあった砂(海砂?)を利用。
11月下旬に挿し木しました。霜にあたらないよう、ビニールをかけた山野草ようのタナで管理しました


約2ヶ月後の様子です
どの挿し木の大きさでも充分発根していました。挿し木は少々大きな木でもOKだと思います。


エンゼルストランペットの挿し木2(逆さ挿し)

生育旺盛な植物ですから挿し木を逆さまにしてやってみました。
写真のように逆さまに挿し木をしても発根しました。この苗をこのまま植えても新しく伸びた新芽から根が伸びだし、その根の生育が旺盛になり正常な生育に戻ろうとします。