草花栽培の基礎知識




ハス 植え替えは地下茎が伸び出す前の時期が適期。

地下茎は節の部分で切る。蓮根を途中で切断すると、空洞に水が入り腐れやすくなる。

花を咲かせようとするなら、太い地下茎を植える。殖すだけであれば、一節でも可能。

植え付けは、地下茎が浮き上がらないように深めに植える。

ハスは、まず水の上に浮かぶ小さめの葉がでて、その後に大きな立葉が出てくる。

花の咲く確率は、大きな葉4枚につき1本程度。
アルストロ
メリア
アルストロメリアは、地下茎をのばし成長点(リゾーム)が地上部にでて茎や花を作る。非常に丈夫な植物。

リゾームを残し株分けが可能であるが、リゾームがないと株は育たないため、リゾームを傷つけないように取り扱いに注意する。

アルストロメリアの生育適温は、25℃前後でやや低く、夏の暑い時期、冬の寒い時期は地上部を枯らすが、春、秋には地上部に新芽を多くだす。

もともと、丈夫な花なので土は特に選ばないが、生育時(特に鉢栽培時)には肥料を与える。また、生育時には光を十分に当てる。

植え付けは、深植えはしない。成長点が土の数cm下になるくらいに植え付ける。

病害虫は、特になく非常に管理が楽である



アルストロメリアの分解写真

リゾームが成長し、茎や葉、花を作る。リゾーム1つあれば、生育が可能。





 トップページに戻る